ウェディング、と一口に言いますがウェディングは二つに分かれています。
一つは自分達が結婚することを立会人や神様の前で宣言する式。
もう一つは新郎新婦がホストとして家族や親戚、友達、同僚やそのパートナーを招待し、おもてなしする披露宴です。
会場の装飾、食事、飲み物、お子様用オプション、引き出物やお土産等々、手配する様々なな事は自分達のためというよりは、ほとんどゲストのためです。
でもそれがウェディングなんです。通常はウェディングってすごく開かれた、公なイベント。周りの皆に自分達が結婚することを前もって宣言し、特別な一日をゲストと共に分かち合い、結婚できる幸せとご縁を周りの人達から祝福してもらう日です。

Vow renewal、バウリニューアル(誓いを新たにする式、記念婚)はもっと親密、プライベートでリラックスしたものの場合が多いです。披露宴はほとんどの場合ありません。ゲストは誰もなく二人だけでする場合だってあります。体裁のため、みんなもするから、法律上必要だからする式ではないから。自分達がしたいからする、自分達のための式なんです。

ずっと一緒に人生を歩んできた大切な相手に捧げる心からのメッセージを交わすことがバウリニューアルで一番大事なこと。夫婦として成し遂げたもの、自分達の過去、現在、そして未来をともに祝うための言葉、普段は時間を割いてちゃんと考えることを忘れてしまいがちな相手への感謝、愛、賞賛、そして気持ちを伝える言葉さえあれば、式になります。

もちろん式というからには素敵な服も着たいし、お花も欲しいかもしれない、いいシャンパンとおつまみで乾杯もしたい。でもそれは式が自分達にとって特別であるようにするためのちょっとした飾りつけ。誰に見せるためでもない、自分達のためにすることなんです。

もちろんもう一回、多くの友達や家族の前で改めて誓い合い、その幸せを皆とシェアしたいというならそれだっていいんです。それでも年月を共にした相手に送る誓いの言葉はきっとうんと特別なもののはずだから。

一番大切な人にいつも伝え忘れてしまいがちな気持ち、この機会に言葉にしてみませんか?セレブランととして経験豊富な私が、当日の式はもちろんのことプランニングや式のアイデアなど色々な面からお手伝いします。

詳細に関してはお問い合わせください。